2004年8月11日

〔3分CG Tips〕水滴の描写

昨日Upしたスク水絵の水滴の描写について質問もらったのでここで簡単にやりかたを。
Mailとかじゃ上手く説明できません。

さほど難しいことやっていません。
実は、非常に簡単に描写できます。
(暑中お見舞いの2枚の水滴もこれを使っています)

使用アプリ
 Adobe Photoshop 7.0
 Painter 8.1
~PSとPainterを使用していますが、以下の条件をクリアできるツールなら可能だと思います。
 ・レイヤー使用可能
 ・レイヤー合成方法にオーバーレイが選択可能
 ・レイヤーにドロップシャドウを指定可能
 ・ドロップシャドウの合成方法にオーバーレイが選択可能

1.絵を描く
tips01.jpg
まずは元絵が無いとだめなので、がんばってください。

2.元絵の上にレイヤーを1枚追加します。
この時点ではレイヤーの合成方法は「通常」で作業。
追加したレイヤーに白~グレーで水滴部分をブラシで描いていきます。
tips02.jpg

コツは、色の濃さ=水滴の大きさという認識で、とにかく立体的に描いてみます。
まぁ、結構適当でいいです。
自分の場合は、ペインターでこれを描く専用のブラシを作成(筆圧で白~グレーに)してやってます。
あまりグレーが濃くなると水滴っぽくならないので、薄い灰色くらいが良いっぽいです。

で、描き終わったら・・・
3.さぁグレーの「スジ」を水滴にします
tips03.jpg

「水滴レイヤー」の合成方法をオーバーレイに変更
・・・いきなり水滴っぽくなります(笑

5.さらにドロップシャドウで、合成法をオーバーレイにします。
設定はこれです。
tips04.gif
もちろん、光の加減によって設定は変えたほうがいいです。



tips05.jpg

完成。

お好みにより別レイヤーで白でハイライト入れたりしたらグッと”らしく”なると思います。

簡単ですよね。
所要時間たったの10分!(笑

是非あなたもやってみて夏気分を満喫してみては!

本日のリンク元
[]

< >

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ryp.sakura.ne.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2625

コメントする