2005年7月18日

トーン化難しい・・・w

はじめて印刷とやらを頼むわけですが、どうせなら綺麗に印刷したいよね、というわけでトーン化研究してます。
本に載ってる漫画のトーンをPainterで綺麗に出すって、難しいというか、可能なの?っていうか(笑
というわけで研究過程を晒してみる。

昨日の桜もトーン化がいまいち失敗してるっぽいし・・・
あぁ、もう!(w

まず、ペン入れ。
これは悩まなくていいから簡単。
350DPIのグレースケールで作業。
umw_katei01.gif 「それこそマキリの武装装束なのぢゃ」

画像多くて長いので、苦悶するさまを見たいという変わった方は続きを見るでどうぞw

さて・・・
次にトーンを作りたいところにグレーで色塗り。
結構おおざっばに・・・
umw_katei02.gif
Webコミに乗せるときは、これで仕上がり。
ただし、これをそのまま印刷すると、いまいち好みに仕上がらないっぽい。

そこで解像度を600DPIに引き上げ、トーン部分をトーン化。
600DPIに上がってるので縮小表示してるけど・・・・
umw_katei03.gif
・・・
いまいちヘボくなったようなw
Web用画像は72DPIなので印刷用画像とは違うってのもあるけど。

ここで仕上げにモノクロ2階調に変換
umw_katei04.gif

悪化してるような(笑

僕はもう、どうしていいかわからなくなりました!
心が折れそうです・・・(笑

umw_katei05.gif

100%表示のライダーさんアップ。

・・・
でもまぁ自宅のプリンターで印刷すると、意外に綺麗に出力されるから間違ったことしてないのかなぁ
ちょっと2Pくらいこれでデータ作って印刷所さんにテスト印刷頼んでみよう・・・

でも、過去のWebコミ全部これに変換するのは無理かな(笑
あと1月時間が欲しいなぁ

本日のリンク元
[]

< >

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ryp.sakura.ne.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2863

コメント(3)

パワートーンは今コミックスタジオのプラグインになりましたよ。他のツールで使えたかどうかは記憶にないのですが。

アナログで入稿しようぜ~
アナログ仲間募集中。

PhotoshopやPainterを利用されているのであれば、うろ覚えですが「パワートーン」(株式会社MODE)というプラグインがあって、これを利用されると実物そっくりなトーン処理を実現できるそうです。

コメントする