2011年10月 1日

cintiq 24HD

Cintiq HD24、買っちゃいました!w
というわけで簡単ですがレポートを
21cintiq.jpg
これはCintiq21での作業場。
4年くらいこの環境でまとまってますが、ごちゃごちゃしてる感じは否めません。

24HD.jpg
ありあとあした~・・・ってデカ!佐川が来て運送のお兄さんが1人で抱えて持ってきたので軽いのかなと思ったんですが
重い!1人じゃ腰が抜けそうになる!w
仕方なくその場で開封し、ディスプレイとアームを別々に運ぼうとしたのですが

アームが外れないよ!
外し方はあるんだろうけど、どこにも外し方書いてないよ!w(CDの中のマニュアルに書いてあります。ネジ作業必須。)
アームつきだとめちゃくちゃ重いんだけど...

なんとか2人で持ち上げて21とリプレースしたのですが...
24HD0.jpg
やっぱデケぇ...それにごちゃごちゃしすぎ!w(・A・)

cintiq 21 1600x1200
cintiq24HD 1920x1200
サイド方向に300ピクセル以上でかいうえ、液晶まわりのファンクション部分もデカくなってますね・・・

というわけで真ん中を開けてサイドに置きました。
24HD1.jpg
なぜ真ん中に置かないかというと、24HD最大の特徴を味わえないからです。

それがこの位置調節
シャキーン!ヽ(´▽`)ノ
24HD2.jpg
机の下までモニタが回るので、今まで以上にリアルペーパーで描いている感覚が増しました。
これは確かにすごい。
でも、調節時のロックキー(プラスチック製)がやたらと硬いのと、今にも折れそうな脆さが伝わってきますので、故障するとしたらこのアーム周りじゃないかなと感じました。

そして以下気になったこと
・廃熱
 ファンが付属しており2時間つけていても液晶表面に暑さは感じません。上部の廃熱口からは熱を感じます(そらそうだ)。
・ファンの音
 耳を近づけてようやく聞こえるレベルで、静音といっていいですネ。
・液晶の発色
 特に不満はありませんが、カラー原稿の時に色にこだわるのならキャリブレーションするかL997あたりで校正すればいいんじゃないかな。
・液晶のドット抜け
 なかったよ!
・絵
 これを使ったからといって上手くなるわけではないようです

購入を検討されている方のお役に立てば幸いです。