2010年6月24日

100絵その3+愛ぽん

愛ぽん発売記念!ということで絵は溜まってないけど更新しちゃう!
18n100.jpg

愛ぽん。

発売日ゲットはきついなぁと思って難民になったとTwitterでついーとしたら、友人から「お前も難民か、ナカーマ」とか言われてた頃にソフバンから電話があって「用意できました」と言われてお店に行って愛ぽんゲット。あああ!
そしたら... (以後つづきにて。100絵のつるぺたも貼ってます)

続きを読む "100絵その3+愛ぽん"

2005年3月 1日

イラストページのテンプレート表示

現在のイラスト一覧表示のMTテンプレートです。
表示については、■(記事名)(更新日付 キーワード)(15禁表示)になっています。
各記事のキーワード部分に内容の簡単な説明、更に複数カテゴリ設定で「15x」を設定しておけば(注:大きなお友だち用)と表示されるようにしています。
各記事のキーワード部分は、TopページのちえりUpdateのキーワードにもなっていますので、更新のお知らせ+各記事の簡単な説明ができる、という感じです。

<!--List-ここで表示カテゴリ設定-->
<MTEntries category="Illust_th2" lastn="20">
<MTDateHeader>
<!--15禁の場合の表示-->
<MTIfCategory name="15x">
<b>■<a href="<$MTEntryPermalink$>">
<$MTEntryTitle$></a></b> ( <$MTEntryDate
format="%Y/%m/%d"$> / <$MTEntryKeywords$> )<font size="-1" color="red"> (注:大きなお友だち用)</font><br / >
</MTIfCategory>
<!--健全の場合の表示-->
<MTIfNotCategory name="15x">
<b>■<a href="<$MTEntryPermalink$>">
<$MTEntryTitle$></a></b> ( <$MTEntryDate
format="%Y/%m/%d"$> / <$MTEntryKeywords$> )<br / >
</MTIfNotCategory>
</MTDateHeader>
</MTEntries>

2004年8月19日

[MT関連]Topに最新イラスト表示

「イラストサイトなら、最初のTopに最新イラスト表示」

というのはいつも思っていましたが、めんどくさがりなのでやりませんでした。

今回、MTcollectのプラグインを用いてトップに最新イラストの一部表示をさせることにしましたので、そのやりかたを書いておきます。

仕様
・最新のイラストを表示させる
・イラストをクリックすれば、そのイラストのアーカイブ記事に飛べる
・Topページのデザインを崩さないようにする

方法
MTCollectのプラグインを使用し、記事の「概要」にあるimgタグを抽出、それを表示させる。

理由
最初はMTentryBodyの中のImgを縮小表示させようかとか思っていました。
しかし、それだと大きすぎるし、imgタグにサイズを指定してサムネイルにしても、それだとなにを描いてる絵か良くわからなくなります。

だったら、最初からTop表示の画像を用意してしまえばよい、ということで、多少面倒ですがTop用のイメージ画像(イラストの一部など)を用意し、それを概要部分にImgタグとして入れておきます。

mt0001.gif
これで、MTCollectによって概要部分からImgのURLが抽出され、TopにImgタグが貼られます。

テンプレートの記述はこういう感じになります。

<!--トップイラスト一部表示-->
<div class="sidetitle">最新のイラスト</div>
<TABLE width="90%" align="center" border="0" cellpadding="0"><TBODY><TR>
<MTEntries lastn="1" offset="0" category="Illust">
<MTCollect tags="img">
<MTCollectThis show="0">
<$MTEntryExcerpt$>
</MTCollectThis>
<MTIfCollected tags="img">
<MTCollected tags="img" lastn="1">
<TD align="center" valign="middle">
<div class="thumb">
<a href="<$MTEntryPermalink$>">
<img src="<$MTCollectedAttr attr="src"$>" />
<br>
<$MTEntryDate format="%Y/%m/%d"$></a> : <font
size="-1" color="#cccccc"><$MTEntryTitle$></font>
</TD></MTCollected> </MTIfCollected></div> </MTCollect></MTEntries></TR></TBODY></TABLE>
<!--ココマデ-->

これはHeaven Stairsの場合です。
Tableを使っているのはデザインをすっきりさせるため。
"MTcollectthis"で概要を選択し、imgのURLを取得させています。

そのあとImgタグを使ってそのURLを指定、単純に表示させているだけです。

これはシンプルな例ですが、これを変更し、例えば
・BodyのバックグラウンドのURLをMTcollectで取得
・テーブルの背景イメージのURLをMTCollectで取得

こんな感じで使えば、
・Topページのスキンがイラスト更新のたびに変わる
といったことなどできそうです。


問題は概要部分に入れるImageを別途容易しなくてはいけないことと、概要部分を表示させる場合によけいなImageが挟まれてしまう、などでしょう。

トラックバックの時に概要部分を使うときなどは邪魔になるかもしれません。

最初はKeyword部分を使用しようかと思いましたが、Keyword部分にImageタグを入れてもダメでしたので、使えるのは概要部分だけでした。


 
Heaven Stairsの場合、概要部分はいつも空欄で使ってないので、こういう使い方をしようかと思います。

2004年5月 7日

サイトデザイン若干変更

すこし変えました。
縦長になるのがどうもイヤなので、すっきりさせたかったんです。

左のBlog部分には絵日記(カテゴリ名で区分)だけを1日分表示、その下にサムネイルを並べて過去日記に飛びやすいように考えてみました。
で、雑記はここに表示。
左右への分け方はhtmlでTableタグ記述という素人考えの方法。

↓の過去にっきのイメージの出力は、プラグインのMTCollectを使用しています。
これの良い点は、特にエントリでサムネイルを作成しなくても、自動的に特定カテゴリのimgタグを引っ張ってこれる点です。
→の「最近の絵」はエントリでわざわざExcerptにサムネイル貼らないとダメなのですが、このプラグインは自動。

楽すぎます。

もう少し凝ってみたいとこ・・・

続きを読む "サイトデザイン若干変更"